OracleのVSSを使用したバックアップ


Oracle 11gはVSSに対応しているという。
それはVSS Writerが存在するため。
しかし、標準ではOracleのVSSライターはインストールされないし、実行されない

OracleのVSSライターはoravssw

標準インストールされたOracleのWindows OSに対し、VSSライターの一覧を表示させると、Oracleに対するVSSライターが表示されない事がわかる。
これはOracleがVSSに対応していないと言う意味だ。

以下のコマンドを打つと、OracleのVSSライターが実行状態になる
C:\Users\Administrator>oravssw /start

Waiting for VSS events (press Ctrl-C to stop writer)

この状態で、違うコマンドプロンプトを起動しvssadminを実行しVSSライターの一覧を表示させると
C:\Users\Administrator>vssadmin list writers
vssadmin 1.1 - ボリューム シャドウ コピー サービス管理コマンドライン ツール
(C) Copyright 2001-2005 Microsoft Corp.

ライタ名: 'Oracle VSS Writer - /start'
  ライタ Id: {26d02976-b909-43ad-af7e-62a4f625e372}
  ライタ インスタンス Id: {65e770c9-f77c-4337-b2fb-f51a69d9281b}
  状態: [1] 安定
  最後のエラー: エラーなし

今までvssadmin list writersのVSSライター一覧に表示されなかった「Oracle VSS Writer」が表示されたことがわかる
この状態が、OracleがVSS対応しているという状態だ。

oravsswをインストールする(自動起動のサービス化)

oravsswは/iオプションでインストールし自動起動のサービス化することが可能です
C:\Users\Administrator>oravssw

oravssw options are:

       { /q [/start | /stop | /status] } |
       { SID [/tl <trace_level>] [/tf <trace_file>] } |
       { SID [/i {/user:<userid> /password:<password>}] } |
       { SID [/d] }

       /q to operate on all Oracle VSS Writer services
       /status to display status for Oracle VSS Writer service
       /start to start Oracle VSS Writers Services
       /stop to stop Oracle VSS Writer Services

       /tl to specify trace level
       /tf to specify trace file name

       /i {/user:<userid> /password:<password>}
               to Install Oracle VSS writer Service for specified SID

       /d to De-Install Oracle VSS writer Service for specified SID


サブページ リスト

作成日:2011/09/09
更新日:
Comments