Symantec Backup Exec 2010 関連

 

Backup Exec 2010 VMware バックアップオプション (vStorage API 使用)

環境

  • Backup Exec 2010 R3

オプション設定 VMware


バックアップジョブ設定 VMware


Symantec Backup Exec & VMware で覚えて置きたいキーワード「GRT」とは

Backup Exec 2010 VMware Virtual Infrastructure エージェントでは、Granular Recovery Technology (GRT)によって、仮想マシン全体のバックアップから個別のファイルやフォルダの個別のリストアが可能です。
GRT によって、VMware Virtual Infrastructure エージェントはBackup Exec コンソールから直接 vmdk ファイルをカタログ化し、リストアのために開くことができます。
別のユーティリティまたはコンソールは不要です。
一度の仮想マシン全体のバックアップで、個別のファイルやフォルダ、または仮想マシン全体の両方のリストアが可能です。

GRTオプションを有効にしないとVMwareのvStorage APIを使用したバックアップではファイルリストアは出来ないのです

仮想マシンにBackup Exec Remote Agent をインストールすると自動作成されるVMwareカスタム静止スクリプト

注意) Backup Exec Remote Agent をインストールする時に、仮想マシン上の規定のパスに既にスクリプトが配置されていた場合は、自動作成されません。

freeze.bat

パス:
C:\Program Files\VMware\VMware tools\backupScripts.d\freeze.bat
echo off

REM
REM    For ESX Update 2, place this script in the backupscripts.d folder.
REM    This should be the only Backup Exec Script in the backupscripts.d
REM    folder.  Prior to ESX update 2, this file is not needed.
REM
REM    The paths for pre-freeze-script.bat and post-thaw-script.bat may
REM    not be the same on your system.  Verify all paths before using
REM    the commands in this script.
REM

IF EXIST "%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\BeVssRequestor.exe" (
SET BATDIR=%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider
) ELSE (
FOR /F "tokens=2*" %%a in ('REG QUERY "HKLM\Software\Symantec\Backup Exec For Windows\Remote Agent for Windows Servers\Install" /v "Path" ^|FINDSTR "Path"') DO SET BATDIR=%%bVSS Provider
)

if "%1%" == "freeze" goto doFreeze
if "%1%" == "thaw" goto doThaw
if "%1%" == "freezeFail" goto doFail

:doFreeze
call "%BATDIR%\pre-freeze-script.bat"
goto end

:doFail
call "%BATDIR%\post-thaw-script.bat"
goto end

:doThaw
call "%BATDIR%\post-thaw-script.bat"

:end

pre-freeze-script.bat ユーザーカスタム静止スクリプトの記述場所

パス:
C:\Windows\pre-freeze-script.bat
もしくは
%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\RAWS\VSS Provider\pre-freeze-script.bat
rem ← ユーザーのカスタム静止スクリプトがある場合は前に実行させる

echo off
REM
REM    Prior to ESX Update 2, the commands in this script need to be
REM    transfered to:
REM
REM       %systemroot%\pre-freeze-script.bat
REM
REM    For ESX Update 2, copy:
REM
REM      %Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\freeze.bat
REM
REM    to the following ESX folder:
REM
REM      %Programfiles%\VMware\VMware Tools\backupscripts.d
REM
REM    Example:
REM      copy "%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\freeze.bat" "%Programfiles%\VMware\VMware Tools\backupscripts.d"
REM
REM    The paths listed may not be the same on your system.  Verify all paths
REM    before using the commands in this script.
REM
IF EXIST "%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\BeVssRequestor.exe" (
"%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\BeVssRequestor.exe" -pre2 -logscreen
) ELSE (
IF EXIST "%BATDIR%\BeVssRequestor.exe" (
"%BATDIR%\BeVssRequestor.exe" -pre2 -logscreen
) ELSE (
FOR /F "tokens=2*" %%a in ('REG QUERY "HKLM\Software\Symantec\Backup Exec For Windows\Remote Agent for Windows Servers\Install" /v "Path" ^|FINDSTR "Path"') DO "%%b\VSS Provider\BeVssRequestor.exe" -pre2 -logscreen
)
)


post-thaw-script.bat ユーザーカスタム静止スクリプトの記述位置

パス:
C:\Windows\post-thaw-script.bat
もしくは
%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\RAWS\VSS Provider\post-thaw-script.bat
echo off
REM
REM    Prior to ESX Update 2, the commands in this script need to be
REM    transfered to:
REM
REM       %systemroot%\post-thaw-script.bat
REM
REM    For ESX Update 2, copy:
REM
REM      %Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\freeze.bat
REM
REM    to the following ESX folder:
REM
REM      %Programfiles%\VMware\VMware Tools\backupscripts.d
REM
REM    Example:
REM      copy "%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\freeze.bat" "%Programfiles%\VMware\VMware Tools\backupscripts.d"
REM
REM    The paths listed may not be the same on your system.  Verify all paths
REM    before using the commands in this script.
REM

IF EXIST "%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\BeVssRequestor.exe" (
"%Programfiles%\Symantec\Backup Exec\BE VSS Provider\BeVssRequestor.exe" -post2 -logscreen
) ELSE (
IF EXIST "%BATDIR%\BeVssRequestor.exe" (
"%BATDIR%\BeVssRequestor.exe" -post2 -logscreen
) ELSE (
FOR /F "tokens=2*" %%a in ('REG QUERY "HKLM\Software\Symantec\Backup Exec For Windows\Remote Agent for Windows Servers\Install" /v "Path" ^|FINDSTR "Path"') DO "%%b\VSS Provider\BeVssRequestor.exe" -post2 -logscreen
)
)

rem ← ユーザーのカスタム静止スクリプトがある場合は前に実行させる

BeVssRequestor.exeとは

マイクロソフトのVSSサービスを呼び出すためのVSSリクエスタ


vStorage APIを使用した場合のカスタム静止スクリプトの呼び出し順

どのような順番でVMwareのカスタム静止スクリプトが実行されるかは、ジョブ実行の一番初めにVMwareの使用でfreeze.batが呼び出されるかどうかによる。
VMware ESX 4.0 U2 (vCenter 4.0)環境では
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008 (32bit) SP2
では、 backupScripts.d 配下のカスタム静止スクリプトが呼び出されず、C:\Windows配下のカスタム静止スクリプトが動作した。
ちなみに、同環境でVCBを実行したときはwindows Server 2008 で backupScripts.d 配下のカスタム静止スクリプトがまず実行された。

つまり、
VCBとvStorage APIではカスタム静止スクリプトの仕様が異なるということを意味する

カスタム静止スクリプト内の記述場所を間違えると、以下のようなバックアップジョブに例外処理ありとなる場合がある
ジョブは正しく終了しましたが、次の状態が発生しました: 1 つ以上のディレクトリが Granular Recovery Technology (GRT) をサポートしていません。これらのディレクトリで個別リストアを実行できません。詳細はジョブのログを参照してください。




Symantec Backup Execに登場する略語

  • AVVI(Agent for VMware Virtual Infrastructure )
    VMwareエージェントの略称

  • GRT(Granular Recovery Technology )
    イメージ単位で取得し、ファイル単位でのリストアを可能にする機能

  • AWS(Agent for Windows Systems)
    Windows用のシステムエージェントの略称

  • NBD(Network Block Device mode)
    VMwareバックアップ、リストアの転送経路にネットワークを使用するモード

サブページ リスト

作成日:2011/08/30
更新日:2011/09/13
Comments