Backup Exec 12.5 ジョブ履歴のスループット表記

 
Backup Exec 12.5 ジョブ履歴のスループット表記

Backup Execのバックアップジョブは
・ジョブ - バックアップ
・ジョブ - 検証
で構成される。

仮にSQLエージェントを使用したバックアップの場合は、[ジョブ - バックアップ]の中に
・データベースの一貫性チェック
・バックアップ (バックアップ後のデータベースの一貫性チェック時間も含む)

ジョブ履歴のスループット計算は、ジョブ履歴の[サイズ]と上記[ジョブ - バックアップ]の中の[バックアップ]時間で計算されている。
検証時間や、データベースの一貫性チェック時間は含まない。

Windows Server 2008 32bit 上でのBackup Execで、ディスクへのバックアップフォルダを使用した場合、
Windowsシステムエージェントを利用したバックアップの純粋なネットワーク転送(スループット)は、フルバックアップで
    500MB/分~3600MB/分 (8MB/s(60MB/s)~60MB/s(500Mbps)程度)。
SQLエージェントを利用したバックアップの純粋なネットワーク転送(スループット)は、完全バックアップで
    20MB/s(160Mbps)程度。
# 見込める(ディスクネックにならない場合)。
実際のジョブ時間は、検証時間もあるので1.5~2倍程度見込んでいた方が無難。

 

サブページ リスト

Comments