windows7の大量展開方法(大量構築)。sysprep

 
企業や学校で同じ設定をしたWindows 7を大量に構築・展開する場合、マスターとなるマシンを1台作成しそのディスクイメージをコピーして展開する方法が効率が良いです。
マスターとなるマシン1台に、あらかじめ必要となるアプリケーションや各種設定を行っておけば、その後の大量展開は短時間にOSを正確に展開することが可能となる。
このような展開方法を行うときに、sysprepというWindowsツールが使われます。
最近は、仮想化環境が増えてきたのでこのsysprepが大活躍します

ライセンスについては、以下のマイクロソフトの文章から読み取って下さい、ボリュームライセンスであることがポイントになります。

Sysprepとは

Sysprepとは、Windowsマシンを大量構築する必要があるときに、大量構築ではなく展開を手助けしてくれるマイクロソフトのツールです(Windows 7では標準インストールされているツールです)
C:\Windows\System32\sysprep\sysprep.exe

Sysprepは何を実行しているのか?

Sysprepを実行すると実行されたWindowsでは以下のことが行われます

  1. Windows からシステム固有のデータを削除します。
    Sysprep を使用すると、インストール済みの Windows イメージから、コンピューターのセキュリティ識別子 (SID) などのシステム固有の情報をすべて削除できます。
    その後で Windows インストールをキャプチャすると、組織全体でインストールすることができます。

  2. 監査モードで起動するように Windows を構成します。
    監査モードでは、サード パーティのアプリケーションやデバイス ドライバーをインストールすることができるほか、コンピューターの機能をテストすることもできます。

  3. [Windows へようこそ] が起動するように Windows を構成します。
    コンピューターの次回起動時に [Windows へようこそ] が起動するように、Windows インストールを構成します。
    [Windows へようこそ] が起動するようにシステムを構成するのは、一般的には、コンピューターを顧客に納入する直前です。

  4. Windows 製品のライセンス認証をリセットします。
    Sysprep では Windows 製品のライセンス認証を 3 回までリセットできます。
注意
Sysprep は、Windows の新しいインストールの構成にのみ使用してください。
Windows のインストールの構築と構成に必要であれば、Sysprep を何回でも実行できます。
ただし、Windows ライセンス認証をリセットできるのは 3 回までです。
Sysprep を使用して、既に展開された Windows の既存のインストールを再構成しないでください。


Sysprepを使用したwindows7の大量展開方法(大量インストール手順)

Sysprepを使用したwindows7の大量展開方法(大量インストール手順)の流れは大きくいうと以下のようになります

  1. 管理者端末にWindows AIKをインストール (※)

  2. 管理者端末で応答ファイルを作成 (※)

  3. マスターコンピュータの構築 (マスターとなるWindows)

  4. マスターコンピュータでSysprepを実行 (※応答ファイルがある場合は応答ファイルを指定してsysprepを実行)

  5. マスターコンピュータのイメージ取得

  6. マスターコンピュータのイメージ展開

  7. 個別設定(ネットワークIPアドレス等)

※ は、自動応答ファイルと言う自動インストール方法をとる場合に必要になります

応答ファイルとは、

通常sysprepを実行した場合、Windowsの設定に個別の入力を求められますが、その入力項目をあらかじめ用意しsysprepセットアップを自動化するためのファイルです

作成日:2012/03/02
更新日: