Windows7のsysprepを実行後、Windows の初期化ミニセットアップウィザード画面・必要入力項目

 
Windowsデスクトップの仮想化では、sysprepというキーワードが出てくる
これはマスターとなるWindows OSを一台作成し、そのマスターOSを複製(コピー)するときにWindows OSの一部を初期化するためのツールです。
Windows 7 になってからSysprep.exeは標準搭載されていますので、とても簡単です
Windows Server 2008 と同じですので、sysprepの実行方法は、windows serevr 2008 のsysprep。簡単!を参照して下さい。

Windows 7のsysprepを実行後、Windows の初期化ミニセットアップウィザード画面

もしも自動応答ファイルを用意しない場合、sysprep後は以下のようなセットアップウィザードが走ります
Windows 7でsysprepを実行すると、次回OS起動時にWindows mini setupウィザードが実行されます。
ミニセットアップでOS初期化に必要な入力項目は以下になります

ミニセットアップウィザード1

ミニセットアップウィザード2

ミニセットアップウィザード3

ミニセットアップウィザード4

ミニセットアップウィザード5

ミニセットアップウィザード6

ミニセットアップウィザード7

ミニセットアップウィザード8

上記、ミニセットアップで入力画面が発生しますが、その入力すら省略しWindows OSの自動複製を行いたい場合、sysprep用の自動応答ファイルというミニセットアップの設定用ファイル(ミニセットアップ入力用の値が入っている)を使用し、sysprepを実行する必要があります

では、sysprep用自動応答ファイルはどのようにして作るのでしょうか?
 

サブページ リスト

作成日:
更新日:
Comments