クラウドとは

 

クラウドとは?

プライベートクラウド、パブリッククラウドといわれるクラウドとは?

米国国務省の国立標準技術研究所(NIST: National Institute of standards and Technology)によるクラウドの定義
(2010/02/03現在)
  • オンデマンド・セルフ・サービス
    人手を介さずに自動的にコンピューティング・リソースを提供
  • ユビキタス・ネットワーク・アクセス
    標準的な方法でクライアント、もしくは携帯電話、携帯端末当からの利用
  • リソース・プール
    コンピューティング・リソースは共通インフラとしてプール化され、要求に応じてオンデマンドに提供できる
  • 迅速な展開、拡張、縮小
    いつでも迅速に且つ自動的にコンピューティング・リソースの展開、拡張、縮小が出来る
  • 管理されたサービス(Measured service)
    監視機能による自動的菜管理や最適化が出来る

 つまり、「標準化」と「自動化」で出来るサービスと言える。
上記を達成するためには、現在の技術を考えたら「仮想化」は欠かせないといえる。

サーバーの仮想化とクラウドにはこのような関係があり、クラウドには技術的にはサーバーの仮想化がキーになるといえると思われる。


VMware が考えるクラウド(クラウドOSを目指すVMware)

「(動作してくれれば良い)何か」の自由度を選べるサービスと考えている。
具体的に言うと、
  • ソフトウェアを利用に応じて提供するSaaS(Software as a Service)
  • SaaSの開発・実行環境などのプラットフォームを提供するPaaS(Platform as a Service)
  • CPU・ストレージなどコンピューターのインフラを提供するIaaS(Infrastructure as a Service)
どこまで自由に使えれば十分かをユーザーが選び、サービスを利用する。
どこまでが標準(共通)で、どこから自由になれば十分かということ。

イメージ的には、車のサービスが当てはまる。
昔は車は買うものだった。しかし、現在は
  • 車を買う
  • レンタカー利用
  • カーシェアリングサービスを利用
と選択が自由。
改造したい人は車を買うし、標準的な車でよければレンタカーを借りる。
また、レンタカーとカーシェアリングでどちらか自分にあったメリットのサービスかを考え利用する。
まさにこの車のサービスのイメージがクラウドサービスのイメージに近いと考えているそうです。

「VMware Virtualization Forum 2009」より。

サブページ リスト

更新日:2010/02/03
Comments