Hyper-V 2.0 サポートゲストOSのサポート最大CPU数・最大メモリ容量

 
Windows server 2008 R2 (Hyper-V2.0)でサポートされるゲストOS(仮想マシン)のスペック

Hyper-V2.0 サポート仮想CPU数(CPUコア数)は4コア以下

サポートされるゲストOSの種類によってサポートされる仮想CPU数(コア数)が異なるので注意。
Hyper-V2.0上でのゲストOSは、各Windowsバージョンのサポートされる最大CPU数より少ない。
以下が、Hyper-V2.0上でサポートされるゲストOSのサポート仮想CPU数。

 サポートゲストOS(Windows OS)代表エディション Editionサポート仮想CPU数(コア数)
 Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 Standard
Windows Server 2008 R2 Enterprise
Windows Server 2008 R2 Datacenter
 1、2、4 コア
 Windows Server 2008 x64 Windows Server 2008 Standard x64
Windows Server 2008 Enterprise x64
Windows Server 2008 Datacenter x64
 1、2、4 コア
 Windows Server 2008 x86Windows Server 2008 Standard x86
Windows Server 2008 Enterprise x86
Windows Server 2008 Datacenter x86
 1、2、4 コア
 Windows Server 2003 x86Windows Server 2003 Standard x86 SP2
Windows Server 2003 Enterprise x86 SP2
Windows Server 2003 Datacenter x86 SP2
 1、2 コア
 Windows Server 2003 R2 x86Windows Server 2003 R2 Standard x86 SP2
Windows Server 2003 R2 Enterprise x86 SP2
Windows Server 2003 R2 Datacenter x86 SP2
 1、2 コア
 Windows Server 2003 R2 x64Windows Server 2003 R2 Standard x64 SP2
Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 SP2
Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 SP2
 1、2 コア
 Windows Server 2003 x64 Windows Server 2003 Standard x64 SP2
Windows Server 2003 Enterprise x64 SP2
Windows Server 2003 Datacenter x64 SP2
 1、2 コア
 Windows Server 2000Windows 2000 Server SP4
Windows 2000 Advanced Server SP4
 1 コア

Hyper-V2.0のサポートメモリは64GB以下

64GB以下はWindows OSの仕様に依存する
各Windows バージョンのサポートされる(認識できる)最大メモリ容量は以下。
Windows OS最大CPU数最大メモリ
 Windows Server 2008 R2 Standard (64-bit) 4 32GB
 Windows Server 2008 R2 Enterprise (64-bit)  8 2TB
 Windows Server 2008 R2 Datacenter (64-bit) 64 2TB
 Windows Server 2008 Standard Edition (32-bit) 4 4GB
 Windows Server 2008 Standard Edition (64-bit) 4 32GB
 Windows Server 2008 Enterprise Edition (32-bit) 8 64GB
 Windows Server 2008 Enterprise Edition (64-bit) 8 2TB
 Windows Server 2003 R2, Standard Edition 4 4GB
 Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition 8 64GB
 Windows Server 2003 R2, Standard x64 Edition 4 32GB
 Windows Server 2003 R2, Enterprise x64 Edition 8 1TB
 Windows Server 2003, Standard Edition 4 4GB
 Windows Server 2003, Enterprise Edition (SP1以降) 8 64GB
 Windows Server 2003, Standard x64 Edition 4 4GB
 Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition 8 2TB
 Windows 2000 Server 4 4GB
 Windows 2000 Advanced Server 8 8GB


プロセスが使用できる最大ユーザーメモリ空間について、通常32bit Windows OSでは2GBまでの制限がある
32bit Windows OSでも2GB以上のユーザーメモリ空間を使用することが出来るが、以下が参考になる

簡単に言うと、通常32bit OSで認識できるメモリは2の32乗(=4GB)である。
なのでプロセスメモリアドレス空間も4GBある、そしてそのプロセスメモリアドレス空間4GBのうち、OSが2GB・ユーザーメモリ空間2GBと分けているのがWindows。

32bit OSが主流時にもハードウェアの進歩により、x86アーキテクチャのCPUではハードウェア的には36bitの物理アドレス空間(64Gbytes)をサポートするようになった。
この32bit OSで36bitの物理アドレス空間を使用できるようにする機能がPAE(Physical Address Extension、物理アドレス拡張)

このPAEを利用してユーザープロセスのユーザーメモリ空間をOSの認識メモリ容量(4GB以上)まで使用できるようにした機能をAWE(Address Windowing Extensions)といいます。

サブページ リスト

Comments