Windows Server 2008 R2 EnterpriseライセンスのHyper-V環境でのゲストOSライセンスキー入手について

 
Windows Server 2008 R2 Enterpriseライセンスで仮想化環境(Hyper-V)を作成すると、
Windows Server 2008 R2 Enterprise 1ライセンスで物理インスタンス(Windowsホスト)が一台、仮想インスタンス(WindowsゲストOS)が4台まで実行できます。

Windows Server 2008 Enterprise を購入した場合、そのライセンスが割り当てられたサーバーの仮想環境上に、追加ライセンスを購入することなく、最大 4 つの Windows Server 2008 Enterprise の仮想インスタンスを実行することができます。
ただし、この許可されている 4 つのインスタンスを 1 度に実行する場合、物理 OS 環境のインスタンスは仮想環境の管理、およびサービスの実行の目的のみに利用できます。



ここで注目すべきは、通常同一OSエディションの仮想インスタンスになるということです。

では、Windows Server 2008 R2 Standardは実行できないのか?


Windows Server 2008 R2 Enterprise ライセンス使用権(ダウンエディション可能)

Windows Server 2008 R2 Enterprise については同一サーバー上の仮想環境にて 4 つの仮想インスタンスを実行する権利があります。
各々のインスタンスについて、Enterprise の代わりに Standard を実行すること(ダウン エディション)も可能ですし、それらの旧バージョンを実行すること(ダウングレード)も可能です。



Windowsのダウングレード、ダウンエディションした場合のインストール用のメディア・ライセンスキーの入手方法


ダウングレード(Windows Server 2008 R2 Standard)時のWindowsライセンスキー入手方法

ボリュームライセンスプログラムにて Windows Server 2008 R2 Enterprise をご購入する場合には、Windows Server EnterpriseのみだけではなくWindows Server Standard のインストールメディア・ライセンスキーも合わせて入手出来ます。

パッケージ版や OEM 版の Windows Server 2008 R2 Enterprise を購入し、Standard のメディアが付属しない場合には、別のサーバーのインストールのために過去に入手した Standardメディアを利用することや、お持ちでない場合にはマイクロソフト Web サイトから注文することが可能です

ダウングレード時のWindowsライセンスキーの入手方法

旧バージョンのメディアおよびプロダクト キーをすでにお持ちの方は、その旧バージョンがお持ちの Windows Server 2008 R2ライセンスから選択可能なダウングレード オプションに含まれていれば、お持ちのメディアおよびプロダクト キーを使用してダウングレードすることができます。

メディアおよびプロダクト キーをお持ちでない場合、ボリューム ライセンスの方は
からボリューム ライセンス コールセンターにお問い合わせください。

パッケージ製品 (FPP) に付属のライセンス、またはプレインストール モデル (OEM) に付属のライセンスをお持ちの方は、Windows Server 2008、Windows Server 2003 R2 のみ、Windows Server メディア オーダーサイトからご購入出来ます。



Hyper-VホストOSをOEMで購入した場合のライセンスキーの入手について
Enterpriseに無料で付属するゲストOSのWindowsライセンス権利を使用する場合、ゲストOSのバージョンが
  • 同バージョン・同エディション→OEMメーカーに確認
  • ダウングレード・ダウンエディション→マイクロソフトに確認
となる。

ダウングレード・ダウンエディションの場合、そのOEMのプロダクトキーを使用してダウングレード・ダウンエディションを行う。
OEMメーカーから一つのプロダクトキーしか提供されていない場合は、OEMメーカーに確認が必要ですね。
なぜならば、マイクロソフトのダウングレード・ダウンエディションは、1つのプロダクトキーにつき一回しか注文できないためである

メディア・ライセンスキー(プロダクトキー)のマイクロソフトへの注文は、有料で、支払が確認取れてから10営業日くらいには郵送でメディアとライセンスキー(プロダクトキー)が届きます


OEM Windowsライセンスのプロダクトキーの入手方法

OEM版でのWindowsプロダクトキーの入手方法は、OEMメーカーに確認して下さい

例えば、富士通の場合は、サーバー筐体にWinodwsのプロダクトキーが記載されています
Physical Key (物理マシンのWindowsプロダクトキー)
Virtual Key (仮想マシンのWindowsプロダクトキー)。4仮想マシンとも同一のキーを使用。

また富士通では、添付のOEMメディアで仮想マシンのOSをインストールできる場合があります(※出来ないものもあります)
ライセンス権のある同バージョン同エディションのWindows仮想マシン用のメディアの入手方法もOEMメーカーに確認してください


サブページ リスト

作成日:2011/12/28
更新日:2012/01/20
Comments