大容量ディスクのゲストOS/仮想マシンをVMware Converterでリストアしたら失敗、リストア出来ない

 
■ 現象
仮想マシンのディスクサイズ、300GB程度
VMware Converter 3.0.3 build-89816
VMware ESX 3.5と vCenterを使用の環境。

----------------------------------------------------
    12:03:42 PM                Step 1 : Connecting to VMware Converter Agent on localhost
    12:03:42 PM                Step 2 : Creating target virtual machine and converting data
    12:04:03 PM                        Configuring parameters for the target virtual machine...
    12:04:03 PM                                WARNING: Dropping extra floppies
    12:04:03 PM                        Creating target virtual machine...
    12:04:14 PM                        Cloning disk 0...
    12:14:59 PM                        Cloning disk 1...
    02:09:41 PM                        Cloning disk 2...
    02:09:50 PM                                ERROR: Unknown error returned by VMware Converter Agent

VMware Converter Agent logs can be found on localhost at C:\WINDOWS\Temp\vmware-temp\vmware-converter*
          VMware Converter Client logs on this computer can be exported, or found at "C:\Documents and Settings\Administrator\Local Settings\Temp\1\vmware-temp\vmware-client*"
          VMware Converter logs are stored on a temporary basis, and should be retrieved as soon as possible.
------------------------------------------------------

■ 原因と対応
・Cloning fails when source has multiple partitions or disks using the BlockClone method to ESX host
 http://kb.vmware.com/kb/1002587

詳細に関しては、上記 KB 内を参照
大容量ディスクのコンバートにおいて、セッションタイムアウトが発生し、エラーになるというものになります。

対策ですが、

・vCenter Converter Standalone 4 を使用する
・タイムアウト値の設定変更

の二点が挙げられますが、以下にタイムアウト値の設定変更方法を記述します。

・vCenter Server 経由の場合

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\VMware\VMware VirtualCenter\vpxd.cfg
ファイルを修正後、VirtualCenter サービスの再起動を行います。
vCenter Server 経由の場合は、リストア先のESXのconfig.xml 変更は必要ない 

・ESX 直接接続の場合

/etc/vmware/hostd/config.xml ファイルを修正後、hostd サービスの再起動を行います。

稼動中の仮想マシンに対する影響は特にありません。
仮想マシンの自動起動/シャットダウン機能を利用頂いている場合には、誤認識をする恐れがあります。
hostd サービス再起動の際、一時的に無効とした方がよいです。

・ファイル修正内容 (vpxd.cfg, config.xml 共通)

<vmacore> </vmacore> タグをご確認頂き、下記の記述を追加します。

<soap>
<sessionTimeout>%TimeoutValue%</sessionTimeout>
</soap>

TimeoutValue は分単位での記述になります。
360 (6時間)等を設定し改善するか確認します。


上記ですが、SOAP に関するタイムアウトの設定になります。
SOAP に関しては、ESX や VirtualCenter をリモート管理する為のプロトコル設定になります。
影響範囲は VirtualCenter や vcbMounter等の全てのリモート接続となります。

 

サブページ リスト

Comments