VMware P2V for Windows


物理マシンからのイメージ取得に、Acronis TrueImageを使用した場合の手順です。
物理マシンの対象は、Acronis TrueImageでオフラインバックアップ出来るWindows OSになります。

作業の流れ
  1. Acronis TrueImage による既存物理マシンのオフラインイメージのバックアップ

  2. VMware ESX上に新規仮想マシンを作成

  3. Acronis TrueImage による新規仮想マシンにイメージのリストア

  4. 仮想マシンのBoot.ini の編集 1⇒2
    物理マシンの時に、ハードウェアメーカー用保守パーティションがあった必要になることがあります。
    他の仮想マシンから対象の仮想マシンのCドライブ仮想ハードディスクをマウントし作業します
    (Windows NTのP2Vの場合は、NTFSのバージョンが変わる恐れがありますので注意が必要です)
    作業が必要な場合、この作業をしないとVMware ConverterでConfigure出来ません。

  5. VMware Converterによる Configure(I2V)

  6. Boot.ini の編集 2⇒1
    物理マシンの時に、ハードウェアメーカー用保守パーティションがあった必要になることがあります。
    作業が必要な場合、この作業をしないと仮想マシン上でWindowsが起動してきません。

  7. VMware Tools のインストール

  8. キーボードドライバの変更 英語102⇒日本語106(Ctrl +英数)

  9. 旧物理マシン時代のデバイス削除
    コマンドプロンプトにて
    C:\>set devmgr_show_nonpresent_devices=1
    C:\>start devmgmt.msc
    を実行(「接続されていないデバイス」の情報をデバイスマネージャに表示させる環境変数)
    デバイスマネージャが起動したら、[表示]メニューから[非表示デバイスの表示]というメニューを実行する。
    これにより、一般には表示されない特別なデバイス類もツリーに現れるようになりいらないデバイスを削除できる。
    古いNICを削除しないと、同一IPアドレス(物理マシン時のIPアドレス)設定時に重複IPアドレス警告が出ます。

  10. 旧物理マシン時代のデバイスに絡むアプリケーションのアンインストール。

    9,10番のOSクリーンナップ作業には、アンインストールや削除すべきか停止・無効すべきか不要なエラーが出ないように検討します

 

サブページ リスト

Comments