VMware Converter でリストア出来なくてもvcbRestoreでリストア出来る場合がある

 
取得したfullvmイメージよりVMware Converterを使用し、リストアを試みたがリストア不可だった。

ゲストOS内のファイルシステム上、msdos.sysが発見できなく、リストア不可である場合がある。

対象ゲストOSのP2V移行時、パーティション情報がVMware Converter(コンフィグレーション)した後、仮想マシン(ゲストOS)が起動できない状態になることがあった。
これは物理マシン時のメーカー特有のメンテナンスパーティションの影響でboot.iniからWindowsドライブが認識できない事に問題がある。

このような場合、ESX server上のvcbRestore を使用することによりリストア可能な場合がある
逆を言えば、vcbRestoreコマンドはVMware Converterと異なり、Windowsドライブを意識していないと思われる。


VMware vcbRestoreコマンド の使い方

VMware Consolidated Backup -- Virtual Machine restore utility
Version 1.5.0 (build-110268)
Copyright (C) 1998-2008 VMware, Inc.  All rights reserved.
Usage:
vcbRestore -h <url> -u <username> [-p <password>] [-C <datastorecatalog>]
           -s <sourcedir> [-a <catalog>] [-V(0|1)] [-M(0|1)] [-F(0|1)]
           [-b <behavior>] [-o <powerop>] [<verbosity>]

              <url> := <hostname>[":"<port>]
 <datastorecatalog> := <filename>
        <sourcedir> := <dirname>
          <catalog> := <filename>
         <behavior> := overwrite|prompt|keep|abort
          <powerop> := on|allon|alloff
        <verbosity> := -L (0-6)

If no password is specified on the command line, you will be prompted for one.

Import Disk Flags:
 -V: If set to 1, the disk is imported into a VMFS-style disk. This will
     only work if the target location for the disk is on a VMFS file
     system. This flag defaults to 1.
     This flag is mutually exclusive with -M
 -M: If set (default), the disk is imported into a single (monolithic) file.
     When unset, the disk is split into multiple 2GB files.
 -F: If set (default), the disk is imported as "flat" disk, with
     no space optimizations, but better I/O performance.



サブページ リスト

Comments