VMware ソフトウェアiSCSI イニシエータ設定(iSCSI接続)方法



ESX/ESXi iSCSI SAN の要件

ESX/ESXi ホストを SAN と正常に連携させるには、いくつかの要件を満たす必要があります。
・ SAN ストレージ ハードウェアとファームウェアの組み合わせが、ESX/ESXi システムでもサポートされていることを確認します。最新のリストについては、『ストレージ/SAN 互換性ガイド』 を参照してください。
・ LUN ごとに VMFS データストアが 1 つのみ存在するようにシステムを構成します (VMFS-3 では、アクセシビリティを設定する必要はありません)。
・ ディスクレス サーバ (SAN からの起動) を使用している場合を除き、SAN LUN に診断パーティションを設定しな
いでください。SAN から起動するディスクレス サーバの場合は、共有診断パーティションが適しています。
・ RAW ディスクへのアクセスには RDM を使用します。
・ ゲスト OS の SCSI コントローラ ドライバを、十分に大きなキューに設定します。物理 HBA のキューの深さは、システムセットアップで設定できます。
・ Microsoft Windows を実行する仮想マシンでは、Windows がパスのフェイルオーバーによって発生する遅延 I/Oをさらに許容できるように、SCSI の TimeoutValue パラメータの値を増やします。

参考

・ソフトウェア iSCSI の場合、ネットワーク構成の確認
ESX/ESXi のソフトウェア iSCSI イニシエータを使用するには、VMkernel のネットワーク ポートがiSCSI ストレージへアクセスできる必要があります。ソフトウェア イニシエータは、ESX/ESXi システムと iSCSI ストレージとのデータ転送に VMkernel を使用します。

(ESX3.5 サーバーの場合は、iSCSIデバイスを使用する場合は、iSCSIデバイスへのアクセス用の"VMKernel"及び、"Service Console"が必要になるので、両方を準備する)

・スキャンする LUN の数の変更
デフォルトで、VMkernel は各ターゲットの LUN 0 から LUN 255 をスキャンします (合計 256 LUN)。
Disk.MaxLUNパラメータを変更して、LUN の検出速度を変更できます。
重要 LUN ID 番号が 255 よりも大きな LUN は検出できません。 

ソフトウェア iSCSI イニシエータを追加したネットワーク アダプタが iSCSI ターゲットと同じサブネットにない場合、ホストはこのネットワーク アダプタからターゲットへのセッションを確立できません




 

サブページ リスト

Comments