VMware vSphere 4.1のVMware vSphere4.0からの変更点・違い

 

 VMware vSphere 4.1のvSphere4.0からの変更点・違い


VMware vSphere 4.1を最後に、VCBサポートの終了・サービスコンソールの終了が決定している。
また、VCBの開発は既に止まっておりWindows Server 2008 R2からサポートされていない(Windows Server 2008はサポート)
これからのVMwareのバックアップはvStorage APIs for Data Protection (VADP) となる。

 製品名 変更点 備考
 ESXi (無償版) “ESX Hypervisor"に名称変更されました。SANブートが可能になりました。 有償ライセンスを割り当てた場合の"ESXi"の名称はそのままです。
 VMotion "vMotion"に名称変更されました。 


製品名 変更点 備考
 vSphere Essentials ライセンス価格が値下げされました。 
 vSphere Essentials Plus vMotionが機能追加されました。
ライセンス・保守価格が値上げされました。
 
 vSphere Standard vMotionが機能追加されました。
ライセンス価格が値上げされました。
 保守価格に変更はありません。
 vSphere Advanced vSPCが機能追加されました。 
 vSphere Enterprise vSPC、VAAIが機能追加されました。
Multipathingが機能追加されました。
(旧EnterprisePlusの搭載機能)
 Multipathing = サードパーティのストレージI/O管理ツール(EMC PowerPath/VE等)との連携機能
 vSphere Enterprise Plus vSPC, VAAI, I/O Controlが機能追加されました。 


製品名 変更点 備考
 ESX Classic ESX Classic(管理コンソール有りのESX)の開発は4.1で最後になります。
以後はESXiで開発が継続されます。
 
 vCenter Center 32bit版の開発は4.0で終了しました。以後は64bit版のみになります。 


その他、追加機能がたくさんあるが、有力だと思われる機能は

ストレージ周りのパフォーマンスチャート強化

VMware vSphere 4.0 (vCenter 4.0)


VMware vSphere 4.1 (vCenter 4.1)


統合することによってストレージIO性能周りに問題を抱える可能性があるVMwareにとってとても有益な機能と思われる。


vMotion機能のエディションダウン


vSphere Standard エディションライセンスでvMotionを使用できるようになった。


注意点としては

vSphere 4.1では VCBバックアップはサポートされているが、VCBイメージリストアはサポートされていない


vSphere 4.1 でVCBイメージリストアする場合は、Free版のvCenter Converter Standalone 4.0.1を使用するか
サービスコンソール内のvcbrestoreコマンドを使用するしかない。



サブページ リスト

作成日:2010/11/26
更新日:2011/03/10
Comments