サーバー‎ > ‎Solaris‎ > ‎

solaris: mpstatコマンド、CPU使用稼働状況を確認する

 

mpstatコマンド


マルチプロセッサシステムの場合sarコマンドを使用すると全てのCPUの平均値が表示されるので、各CPUの使用状況を確認する場合にはmpstatを使用する。


% mpstat 5 1
CPU minf mjf xcal intr ithr csw icsw migr smtx  srw syscl usr sys wt idl
  1  132   3  387  232  186 425   57   33   15    0   500  16  13  9  63
  3  133   2  448  772  547 392   52   33   15    0   504  16  12  9  63

CPU

プロセッサID

smtx

mutex(相互排他ロック)の取得に失敗した回数/秒

usr

ユーザ空間(プロセスの実行に費やされた時間)で使用されたCPUの時間の割合(sar -uの%usr、vmstatのvsと同等)

sys

カーネル空間(システムコールなどの処理時間)で使用されたCPUの時間の割合(sar -uの%sys、vmstatのsyと同等)

wt

I/O処理によってCPU処理が待ち状態にあった時間の割合(sar -uの%wioと同等)

idl

待ち状態にあるCPUの時間の割合(sar -uの%idle、vmstatのidと同等)


 

サブページ リスト

作成日:2011/08/10
更新日:
Comments