サーバー‎ > ‎Solaris‎ > ‎

solaris: vmstatコマンド、システム全体の稼働状況を確認する

 

vmstatコマンド


vmstatコマンドはsarコマンドと同様にシステムのパフォーマンス状況を確認する。

Solaris以外にも広く実装されているコマンドである。

% vmstat 5 1
procs     memory           page             disk         faults     cpu
r b w   swap free re  mf pi po fr de sr  dd f0 s0 --  in  sy  cs us sy id
0 0 0 472400 6536  5  23 38 10 12  0  4   4  0  0  0 363 751 238  5  2 93


procs : r

実行待ちのプロセス数(sar -qのrunq-szと同等)

page : sr

ページデーモンによって走査されたn秒(*)あたりのページ数(sar -gのpgscan/sと同等)

(*) コマンド実行時に指定する計測間隔。

cpu : us

ユーザ空間(プロセスの実行に費やされた時間)で使用されたCPUの時間の割合(sar -uの%usr、mpstatのusrと同等)

cpu : sy

カーネル空間(システムコールなどの処理時間)で使用されたCPUの時間の割合(sar -uの%sys、mpstatのsysと同等)

cpu : id

待ち状態にあるCPUの時間の割合(sar -uの%idle、mpstatの%idleと同等)


 

サブページ リスト

作成日:2011/08/10
更新日:
Comments