masterデータベースのリストア、シングルユーザーモードでSQL Serverを起動方法

 
SQL Server のmasterデータベースをリストアする場合、SQL Serverをシングルユーザーモードで起動させる必要があります。
「シングルユーザーモード」とは、読んで字のごとく、1ユーザーのみしかSQL Serverにログインできないモードです。
このシングルユーザーモードでSQL Serverを起動することにより、SQL Serverのコアのシステムデータベースmasterをリストア出来ます。

シングル ユーザー モードでの SQL Server の起動方法


SQL Server 2005、 SQL Server 2008 共に同じ方法でSQL Serverをシングルユーザーモードで起動できます。
シングルユーザーモードで起動するということは、「SQL Serverのインスタンスをシングルユーザーモード」で起動するということになります。

事前に、
・SQL Server Agentサービスが停止していること
・SQL Server サービスが停止していること

を確認して下さい。

規定のインスタンスの場合は、以下でSQL Serverをシングルユーザーモードで起動させることが出来ます。
Administrators権限のあつユーザーでデータベースサーバー内でコマンドプロンプトを開いてください。

> cd \Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.MSSQLSERVER\MSSQL\Binn

> sqlservr.exe -m

・・・・・

YYYY-MM-DD hh:mm:ss.ss spid9s      Recovery is complete. This is an informational message only. No user action is required.

規定のインスタンスではない場合は、以下のコマンドになります。
> sqlservr.exe -m -s <instancename>

シングルユーザーモードで実行中は、コマンドプロンプトウィンドウは最小化しないでください。
最小化すると、Windows によって SQL Server のほぼすべてのリソースが削除され、正常に動作しません。


サブページ リスト

作成日:2010/04/28
更新日:
Comments