サーバー‎ > ‎

Windows SharePoint Services 3.0 関連

 

Windows SharePoint Server 3.0

・無償のツールになります
・Windows Server 2008 には対応していません

Windows SharePoint Services 3.0 インストール


Windows SharePoint Services 3.0 インストール準備

Windows Server 2003 R2 SP2 を用意
Windows コンポーネントの追加と削除より以下のコンポーネントを追加する
・Microsoft .NET Framework 2.0
・アプリケーションサーバー - ASP.NET

※ コンポーネントの追加と削除後、.NET Framework 3.5 以上になるように、Windows Updateを行う

SharePointのバックグラウンドのデータ格納先として使用されるSQL Serverについて
SQL Server 2005 Express Edition以外を使う場合は先にインストールしておく。
SQL Server 2005 Express Editionの場合は先にインストールする必要はなく、この後にスタンドアロン構成でWindows Sharepoint Serivcesをインストールする際に自動的にインストールされる。

Windows SharePoint Services 3.0 インストール











構成失敗

1 つ以上の構成設定に失敗しました。完了した構成設定はロールバックされません。問題を解決して、この構成ウィザードを再度実行してください。以下は、エラーの詳細情報です:

SharePoint サービスを登録できませんでした。

種類 System.Data.SqlClient.SqlException の例外がスローされました。例外の追加情報: Cannot open database "WSS_Search_PORTAL-00" requested by the login. The login failed.
Login failed for user 'PORTAL-00\Administrator'.

問題を診断するため、次の場所にあるアプリケーション イベント ログおよび構成ログ ファイルを確認してください:
C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Server Extensions\12\LOGS\PSCDiagnostics_5_10_2010_21_27_28_572_1831345478.log


SQL Server Expressのインストール(SharePint.exeによる自動インストール)直後だったので、SQL Serverが正常に起動していない可能性がある。
[スタート]-[すべてのプログラム]-[管理ツール]-[SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザード]を再度実行


正常に構成成功メッセージとなった。

Windows SharePoint Services 3.0 初回ウェブアクセス




イントラネット設定は既定でオフになりました。イントラネット設定はインターネット設定よりも低いセキュリティ設定です。オプションを表示するにはクリックしてください...

イントラネットの設定では、インターネットのセキュリティ レベルより低いレベルを使います。インターネットの Web サイトだけを参照する場合は、イントラネットの設定は有効にしないでください。

イントラネット レベルのセキュリティ設定を有効にしますか?
「はい」を選択します



 
作成日:
更新日:2010/05/10
Comments