ストレージ‎ > ‎

ミッドレンジストレージ、EMC CLARiX CX4


CLARiiONとCLARiXの違い

EMCのストレージは、「CLARiiON」と言われたり「CLARiX」と言われたりします。
いったいどちらがどうでなのでしょうか?

EMCのストレージシリーズの正式商品名は「CLARiiON」なんです。
しかし、日本では「CLARiiON」で登録商標が出来ず、「CLARiX」と呼ばれます。
そのため「CLARiiON」と呼ばれたり「CLARiX」と呼ばれたりややこしくなっています。


ミッドレンジ・ストレージCLARiX CX4の基本用語

ホスト
ストレージシステムに接続されるコンピュータ。
このコンピュータは、ストレージシステムへの接続方法に基づいて、管理ステーションまたはサーバと呼ばれます。

HAホスト(高可用性ホスト)

HBAを2つ持つ冗長化されたホスト

ストレージシステム

ストレージプロセッサのあるシステム:
AX4-5iやCX4 ストレージシステム。アレイとも言う。

ストレージプロセッサ

(Storage Processor、略SP)

プロセッサ、メモリモジュール、サーバとディスクモジュール間のI/Oを管理する制御ロジックを持つプリント基板(ボード)。
一般的に、コントローラとも言われる。CPUモジュール。

フロント・エンド (Front End、略FE)

ストレージシステムを中心に見た場合(ストレージベースの用語)で、フロントエンドは、ストレージシステムの外部を意味します。
FCやiSCSIといったストレージシステムのポートに対し、フロントエンドポート(FEポート)と言います。

バック・エンド (Back End、略BE)

ストレージシステムを中心に見た場合(ストレージベースの用語)で、バックエンドは、ストレージシステムの内部を意味します。
ストレージシステムの内部に向いているFCポートをバックエンドポート(BEポート)と言います。

I/Oモジュール

フロントエンドポート(FEポート)やバックエンドポート(BEポート)といった、I/Oの拡張カードをI/Oモジュールと言います。

CRU (Customer Replaceable Unit)

お客様による交換が可能なユニット(部品)

FRU(Field Replaceable Unit)

フィールド交換可能ユニット(部品)。

NDU (Nondisruptive Upgrade)

無停止アップグレード。
ストレージ・ソフトウェアおよびFLARETMオペレーティング・システムのオンライン・アップグレード。

SPS (スタンバイ・パワー・サプライ)

ストレージシステムのスタンバイ電源装置。
ライト・キャッシュ内のデータを、最初の5台のドライブ内に設定されたリザーブ領域に安全に移行することにより、電源障害が発生した場合でも、ストレージ・システムを適切にシャットダウンできます。

SPE (ストレージ・プロセッサ・エンクロージャ)

ストレージプロセッサ(SP)の付いたエンクロージャ(筐体)。
CX4の場合、ディスクレス。

DAE (ディスク・アレイ・エンクロージャ)

ストレージプロセッサ(SP)の付いたエンクロージャ。
ディスクが搭載されているエンクロージャ(筐体)。


CMI(CLARiXメッセージ・インターフェイス)

マルチレーンPCI Expressブリッジ・リンクを使用。
PCI Expressバスを通して、相手SPのキャッシュのミラーリング、各SPの構成の共有、ハートビート、等に使用される

LCC (リンクコントローラカード)

SPE(ストレージプロセッサエンクロージャ)と、DAE(ディスクアレイエンクロージャ)を接続するためのカード。
4Gb/sで接続できます。

デュアル・ポート・ディスク

CX4はデュアルポートディスクドライブ(2つの接続インターフェイスをも持つディスク)を使用しています。
SP(ストレージプロセッサ)が2つあり、1つのディスクも各SPにそれぞれ接続し冗長化を図るためです。


EMCの上位ストレージシステムはどのモデルも2つのSP(ストレージプロセッサ)を持ちます。


SFP

小型フォーム・ファクタ・プラグ。
①SFP GBICポート
②プラグの下のラッチ



















 
作成日:2010/05/14
更新日: