iometer - Hyper-V2.0 のホストとゲスト(仮想マシン)でディスクパフォーマンスを比較

 
テスト環境
OS: Windows Server 2008 R2 (Hyper-V2.0 ホスト)
ディスク: 500GB 7.2krpm 3.5" SATA HDD ×3 RAID5

OS: Windows server 2003 R2 (Hyper-V2.0 ゲスト)


Hyper-V 2.0 ホスト Windows Server 2008 R2
アロケーションユニットサイズ4KB















Hyper-V 2.0 ホスト Windows Server 2003 R2
アロケーションユニットサイズ4KB















小さいrecord size(Transfer Request Size)(512B~4KB)では、ホストのディスクパフォーマンスの70%程度しか仮想マシンでは使用できない。
30%程度のオーバーヘッドがある。
大き目のrecord size(Transfer Request Size)(4KB~64KB)では、ホストのディスクパフォーマンスの90%程度仮想マシンで使用できる。
10%程度のオーバヘッドになる。
上記を考えると、仮想マシン上でアロケーションユニットサイズを大きくすると効果がある可能性がある。


仮想ハードディスクのディスクの種類選択で、「容量可変」を選択した場合
iometerではストレージ負荷テスト実行前にテストファイル(iobw.tst)を作成してしまうので、容量可変のパフォーマンス測定は出来ない。
















アロケーションユニットサイズを変更しても仮想ハードディスクパフォーマンスは向上しなかった。
むしろわずかながらパフォーマンスが落ちた。
もとのHyper-V2.0のボリュームのアロケーションユニットサイズが4KBであるからあまり向上しなかったとも思われる。




サブページ リスト

Comments