windows cmd 技‎ > ‎

logman


logman でパフォーマンスモニターにカウンター一括追加登録

logmanコマンドを使用することによりパフォーマンスモニターのカウンターログやデータコレクタにカウンターを簡単に追加できるようになります。

Windows Server 2003では
[パフォーマンスモニター]の"パフォーマンス ログと警告" サービスを管理します。
Windows Server 2008では
[信頼性とパフォーマンスモニター]のデータコレクタを管理します。



logman の使い方


logman を使用したサンプルバッチファイル 
・Windows Server 2003
・Windows XP
・Windows Server 2008
で動作確認。

counterlog.bat
@echo off
set NAME=sample
set CF=%~dp0counterlog.dat
set LOGDIR=C:\Perflogs

logman create counter "%NAME%" -cf "%CF%"
logman update "%NAME%" -v mmddhhmm --a -o "%LOG_DIR%\%NAME%.tsv" -f tsv
上記のようなコマンドオプションでカウンターを一括追加登録出来る

カウンター一覧
counterlog.dat:
\Memory\Available Bytes
\Memory\Pages/sec
\PhysicalDisk(*)\% Disk Time
\PhysicalDisk(*)\% Idle Time
\PhysicalDisk(*)\Avg. Disk Queue Length
\Process(_Total)\Working Set
\Process(_Total)\Working Set Peak
\Processor(_Total)\% Privileged Time
\Processor(_Total)\% User Time
\System\Processor Queue Length



リモートコンピュータに対しパフォーマンス測定をし、サイジング
例えば、以下のようなパフォーマンスカウンターを追加します。
\\SQL-SERVER\Memory\Available MBytes
\\SQL-SERVER\Memory\Pages/sec
\\SQL-SERVER\PhysicalDisk(*)\% Disk Time
\\SQL-SERVER\PhysicalDisk(*)\% Idle Time
\\SQL-SERVER\PhysicalDisk(*)\Avg. Disk Queue Length
\\SQL-SERVER\Process(sqlservr)\Working Set
\\SQL-SERVER\Process(sqlservr)\Working Set Peak
\\SQL-SERVER\Processor(_Total)\% Privileged Time
\\SQL-SERVER\Processor(_Total)\% Processor Time
\\SQL-SERVER\Processor(_Total)\% User Time
\\SQL-SERVER\SQLServer:Buffer Manager\Page reads/sec
\\SQL-SERVER\SQLServer:Buffer Manager\Page writes/sec
\\SQL-SERVER\SQLServer:Buffer Manager\Buffer cache hit ratio
\\SQL-SERVER\SQLServer:Buffer Manager\Taget pages
\\SQL-SERVER\SQLServer:Buffer Manager\Total pages
\\SQL-SERVER\SQLServer:Memory Manager\Total Server Memory (KB)
\\SQL-SERVER\System\Processor Queue Length

問題は、リモートコンピューターにアクセス権のあるアカウントで実行する必要があります。
Windows ドメインのActive Directory のアカウントならば問題ないですが
WORKGROUPの場合は、同一ユーザー名・同一パスワードの別ユーザーで実行する必要があります。


Windows Server 2003 logmanコマンドヘルプ


Microsoft (R) Logman.exe (5.2.3790.3959)
(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Logman は、イベント トレース セッションとパフォーマンス ログの作成および管理
するための "パフォーマンス ログと警告" サービスを管理します。

使い方:
logman 動詞 <コレクション名> [オプション]

動詞:
  create <counter|trace>        新しいコレクションを作成します。
  start                         既存のコレクションを開始して、開始時刻を手動
                                に設定します。
  stop                          既存のコレクションを停止して、終了時刻を手動
                                に設定します。
  delete                        既存のコレクションを削除します。
  query [コレクション名 |providers]  コレクション プロパティをクエリします。
                                コレクション名が指定されていない場合は、すべ
                                てのコレクションの一覧が表示されます。キーワ
                                ード 'providers' を指定すると、登録されたイベ
                                ント トレース プロバイダのすべてを一覧表示し
                                ます。
  update                        既存のコレクションのプロパティを更新します。

パラメータ:
  <コレクション名>              コレクションの名前です。

オプション:
  -?                            状況に応じたヘルプを表示します。
  -s <コンピュータ>             指定されたリモート システム上でコマンドを実行
                                します。
  -config <ファイル名>          コマンド オプションが記述されている設定ファイ
                                ルです。
  -b <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]>   指定した時刻にコレクションを開始します
                                。
  -e <yyyy/MM/dd H:mm:ss[午前|午後]>   指定した時刻にコレクションを終了します
                                。
  -m <[start] [stop]>           スケジュールされた開始または停止時刻ではなく
                                、手動の開始または停止に変更します。
  -[-]r                         指定した開始時刻と終了時刻でコレクションを毎
                                日繰り返します。
  -o <パス|dsn!ログ>            出力ログ ファイルのパスまたは SQL データベー
                                スの DSN とログ セット名です。
  -f <bin|bincirc|csv|tsv|sql>  コレクションのログ形式を指定します。
  -[-]a                         既存のログ ファイルに追加します。
  -[-]v [nnnnnn|mmddhhmm]       ログ名の後に、ファイルのバージョン情報を添付
                                します。
  -[-]rc <ファイル名>           ログが閉じられるごとに指定されたコマンドを実
                                行します。
  -[-]max <値>                  最大ログ ファイル サイズ (MB) または SQL ログ
                                の最大レコード数です。
  -[-]cnf [[[hh:]mm:]ss]        指定した時間が経過したとき、または最大サイズ
                                に達したときに新しいファイルを作成します。
  -c <パス [パス ...]>          収集するパフォーマンス カウンタです。
  -cf <ファイル名>              収集するパフォーマンス カウンタを一覧表示した
                                ファイルです。1 行に 1 カウンタです。
  -si <[[hh:]mm:]ss>            パフォーマンス カウンタ収集のサンプル間隔です
                                。
  -ln <ロガー名>                イベント トレース セッションのロガー名です。
  -[-]rt                        リアルタイム モードでトレース セッションを実
                                行します。
  -p <プロバイダ [フラグ [レベル]]>   有効にされる単一イベント トレース プロ
                                バイダです。
  -pf <ファイル名>              有効にする複数のイベント トレース プロバイダ
                                の一覧を出力するファイルです。
  -[-]ul                        ユーザー モードでイベント トレース セッション
                                を実行します。
  -bs <値>                      イベント トレース セッション バッファ サイズ
                                (KB) です。
  -ft <[[hh:]mm:]ss>            イベント トレース セッション フラッシュ タイ
                                マです。
  -nb <最小 最大>               イベント トレース セッション バッファ数です。
  -fd                           既存のイベント トレース セッションのすべての
                                アクティブなバッファをディスクにフラッシュ
                                します。
  -[-]u [ユーザー [パスワード]] 実行するユーザー名です。パスワードに * を入力
                                するとパスワードを要求します。パスワードのプ
                                ロンプトでパスワードを入力するときに、入力し
                                ているパスワードは、表示されません。
  -rf <[[hh:]mm:]ss>            指定した時間にコレクションを実行します。
  -y                            すべての質問に対して確認を求めずに、"はい" で
                                応答します。
  -ets                          コマンドを保存またはスケジュールしないで、直
                                接イベント トレース セッションに送信します。
  -mode <トレース モード [トレース モード ...]>   イベント トレース セッショ
                                ン ロガー モードです。
  -ct <perf|system|cycle>       イベント トレース セッションのクロック タイプ
                                です。

注意:
  追加の [-] により、オプションを無効にできます。
  たとえば --r は、 -r オプションをオフにします。

例:
  logman create counter perf_log -c "\Processor(_Total)\% Processor Time"
  logman create trace trace_log -nb 16 256 -bs 64 -o c:\logfile
  logman start perf_log
  logman update perf_log -si 10 -f csv -v mmddhhmm
  logman update trace_log -p "Windows Kernel Trace" (disk,net)

Windows Server 2008 logman コマンドヘルプ

Microsoft ® Logman.exe (6.0.6002.18005)

使用法:
  logman [create|query|start|stop|delete|update|import|export] [オプション]

動詞:
  create                        新しいデータ コレクタを作成します。
  query                         データ コレクタ プロパティを照会します。名前
                                が指定されていない場合は、すべてのデータ コレ
                                クタの一覧が表示されます。
  start                         既存のデータ コレクタを開始して、開始時刻を手
                                動に設定します。
  stop                          既存のデータ コレクタを停止して、終了時刻を手
                                動に設定します。
  delete                        既存のデータ コレクタを削除します。
  update                        既存のデータ コレクタのプロパティを更新します
                                。
  import                        データ コレクタ セットを XML ファイルからイン
                                ポートします。
  export                        データ コレクタ セットを XML ファイルにエクス
                                ポートします。

オプション:
  -?                            状況に応じたヘルプを表示します。
  -s <computer>                 指定されたリモート システム上でコマンドを実行
                                します。
  -config <値>                  コマンド オプションが記述されている設定ファイ
                                ルです。
  -ets                          コマンドを保存またはスケジュールしないで、直
                                接イベント トレース セッションに送信します。


サブページ リスト

Comments